スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海鮮丼が目的だった 
今回の旅の目的は、海鮮丼。
最終日は、市場へ行きました。

観光客はぱらぱらといますが、中国とか韓国の方が多いようでした。
あまり売れないみたいで、ものすごいカニセールス合戦が繰り広げられ、危うく1キロのタラバガニを担いで帰りそうになりました。
タラバの誘惑を払いのけたのは、こちら!
2009_0328(001).jpg
キャー、夢の海鮮丼!!
ここのお店は好きな具を選べるんです。
なので、三者三様(私以外の二人は結局同じもの食べてましたが)、私は+400円でボタンえびにしちゃったもんねー。
ホタテなんてさ、ロッケンロールでしたよ。(おっと、この世代の方ですか?笑)
おばさんが目の前でホタテの貝を開いてくれるのね。
これにカニ汁で、あーた、北海道の目的達成よ。

この海鮮丼がとにかく東京人にはびっくりのボリュームで、この一杯を食べたら、
もー、お腹一杯でいろいろ満足しちゃったわけ。
なもんで、
ダンナさん:ホッケ買って帰ろう!
きょうこちゃん:私はイクラがいい!!
akiko:やっぱタラバを思いっきり食べたい!!!
といった欲求は全て、この一杯で吹き飛んでしまったのです。
まま、例によって市場でもいろいろ試食させてもらったっていうのもあるんですけど。

いやぁ、食った食ったの北海道。
やっぱり食い意地が張ってるんだなぁ私、と再認識。
お土産もうまかったっす。
2009_0329(002).jpg
注目すべきはやはり北菓楼でしょう。
ここのバームクーヘンはお取り寄せランキングに入っているお菓子だそうですね。
私がほぼ一人で食べてしまった、ホタテのおかきはこれまたロッケンロールで、こちらも通販したくなりました。
そうです、私ホタテ好き☆

いやぁ、本当に楽しい旅行でした。
きょうこちゃん、運転お疲れ様。
無事にレンタカー会社に返却できて、よかった。笑
3日間もきょうこちゃんと一緒にいたのに、まだまだ話したり無いような気がするのは私だけ?
これから歳を取っていっても、たまにこうしてガールズトラベル(ま、ババートラベルにはなりますけど)していきたいね。

今回、北の人々は皆さん優しくて、温かくて、東京はなんて殺伐としたビックシティーなんだろうと再認識しました。
そんな街で暮らしている私たちもトゲトゲしちゃってんだろうか、って心配になります。
そして食べ物のおいしさったら、フランスに近いなぁと思いました。
まだまだ肥えた大地があるんですね、きっと。
東京は骨の髄までしゃぶりとられた、やせた土地なのだろうか、切ないぞ。

なんだかフランスに帰りたいなぁ、なんて思って、ポールおじさん元気かな、って帰宅後ソファーでうたた寝してたら、電話が。
「もしもしぃー、あきこさん??ポールでぇす!」
寝ぼけ眼+旅疲れのことろに、フランス語かよぉー!!
全然フランス語出てこない、つーか、脳みその奥のほうの引き出しにしまってあって、もう遠いー。

しかし、びっくりですね。
私の“思い”の電波はフランスも圏内みたいです。
久しぶりにポールとも話せて、ほっこりした旅行の締めくくりでした。
スポンサーサイト
ホーヘーキョー温泉 
札幌から1時間弱のところにある豊平峡温泉。
ホテルのベルの方に、定山渓より断然こちら!と言われ、定山渓を通り過ぎてやってきました。
2009_0327(038).jpg
昨晩の雪で、あたり一面真っ白な雪が積もっています。
しかし、天気は快晴!
源泉かけ流しの広い露天風呂は、サイコーでした!!

のんびり温泉に浸かって、お食事。
2009_0327(037).jpg
そうなんです。
なぜかここにはインド人がいて、本場のカレーが食べられるんです。
建物入り口では、カレーの香りが広がります。
他にも、お蕎麦やジンギスカンもありました。
えー、北海道で温泉まで来てカレーはちょっと、、、、。
と、最初は言っていましたが、定番に弱いA型はやっぱりカレーを頼んでしまったの。
ベジタブルカレーは、ベジタブルミックス入れてんでしょ、って感じでしたが、
ナンがめちゃめちゃおいしかったです。

トイレに立った帰りに、温泉の「専務」と名札をつけたおじ様に呼び止められ、
この石鹸あげるよ、使ってみて!
ここの温泉のお湯を九州に送って、馬油と一緒に作った石鹸なのだとか。
見ると専務、お肌がつやつや!!
張りがあって、弾力もあって、肌年齢は間違いなく私より格段に若い!
っていうか、顔なんて光ってんの!!
「来年還暦に見えないでしょ?」という専務、説得力あります。
でもぉー、それってぇー、毎日ここの温泉に入ってるからじゃないのぉー、とは言ってないです。
いただいた石鹸はまだ試していないけど、ここの温泉はアトピーにもいいのだそうで、肌の弱い私は湯治したいと思いました。

すっかりいい気分で、充実の旅。
帰りはまるで雪の無い、からっからの国道230号線で札幌へ。
JAFの心配ありません。笑

夕飯は、
きょうこ:お寿司食べたい
夫婦:カニ食べたい
ってことで、炙屋へ。
2009_0327(063).jpg
ほっけ、マジやべぇー。
こんなに肉厚で油ののったほっけを、ダンナさんはすみずみまで頂戴しました。
2009_0327(064).jpg
タラバ、焼かれてマジすげぇー。
本当に、タラバガニの足は美脚です。
2009_0327(065).jpg
ジャガイモ、マジおかわりぃー。
今回刺客だったのは、このじゃがいも!!
石狩の鈴木さんが作ってらっしゃるらしいのですが、まー、びっくりうまくて、私はお代わりしました。
食感がやわらかくてフランスのお芋に似ており、なおかつ甘くて栗みたいなサツマイモみたいな。

お取り寄せできるらしいのですが、お店では1キロだったかなぁ、600円なのに送料が1600円もするの!!!
商品の倍以上送料払うのって、なんか損した気がしませんか??
なので諦めたのですが、東京に帰ってきたらやっぱりまた食べたいー。
そこでネットで検索したら、5キロしか売ってないんですよー。
ちょっと夫婦二人暮らしでジャガイモ5キロって、戦時中?
どなたか一緒に買ってくれる人、メール待ってます。

というわけで、珍道中二日目終了。
ペンギンに触る 
順調に走り出した私たち。
いやぁ、まったく珍道中まっしぐらでございます。

温泉に行く前に私が寄りたかったところは、
ノースサファリサッポロ
偶然本屋さんで立ち読みをしたときに、その存在を知ったのです。

もちろん動物は大好きだし、北海道に行くとなれば、旭山動物園は外せないらしいのですが、
私は動物園よりも洞爺湖のウィンザーホテルに行きたかった。。。
ま、食いしん坊なわけです。
しかし、このきょうこちゃんの運転では洞爺湖まで行くのは命がけ?!
だったら旭川へとも思うのですが、やはり札幌から3時間のドライブも不安??!!!
どこかへ寄りたいなぁ。

すると、なんと!ペンギンが触れるところが札幌からすぐのところにあるっていうじゃないですか!
行くしかないです!!

こちら、国道230号線を少し横に入ったところにございまして、
その道っていうのが思ったよりも細い。
案の定木の陰で、雪が溶けていないところがあり、って言っても5メートルくらいなんですけど、きょうこちゃん「ちょーーーこわいぃいい!!」
しかし両脇雪が積もってるし、バックするのも雪がある。
akiko「Uターンできないでしょ?バックももっと怖いでしょ?ってことは行くしかないよ!」
ってことで、時速3キロほどで進むきょうこ車。
そして、たどり着いたサファリパークは、まるでサファリとは思えない雪景色。笑
2009_0327(003).jpg
道路っぱたに積み上げられた雪は、豚の角煮みたいに層ができています。

しかし、来た甲斐ありましたよー。
ビーバーには触れるし、目の前でワラビーが見られるし、ミーアキャットも、ジャンボウサギも、イグアナ、ナマケモノ、ってもう、お腹一杯。
2009_0327(018).jpg
大きなセントバーナードのバーニーちゃんは、きょうこちゃんが「バーニー!!!」って大きな声で呼ぶと、もう興奮しちゃって、でっかい手がどっすーんとのびてくるのー。
いやー、テンション上がりました。

旭山動物園に行ったことないから比べられないけれど、私はもう大満足でした。
動物好きの方は、ぜひ!!

さあさぁ、行きに苦労した日陰の雪も「あれ?!」っていうくらい溶けてなくなっており、あっという間に国道に戻り、目指すはホーヘーキョー温泉!!
JAFを呼ぶ 
翌朝ホテルのカーテンを開けると、お天気はいいものの道路横には白い雪。
こりゃ、車はやめたほうがいいかな。

ホテルのフロントで聞いてみたら、「大きな道路だから大丈夫ですよ」
きょうこちゃん:山道とかは???
フロント:は??山道・・?!!

ってことで、どうやら大きな国道を進んでいけばいいらしいのです。
朝のんびりしていたので、歩道の雪も溶けてきました。
それじゃ、行ってみよう。
ダメだったら途中で引き返せばいいよ。

ホテルの地下駐車場。
ナビを設定して、いざ出発というところで、エンジンがかからない。
(-_-;)
あれ?
今度はキーも抜けない!
(-_-;)(-_-;)
なに?!ちょっと、何で抜けないの???
私も引っ張ってみるが、抜けないし、エンジンもかからない。
(-_-;)(-_-;)(-_-;)ちーん。
もしや、バッテリーがあがってしまっている?!
昨日シガレットのとこに差したi-podが青く光ったままになっている。
やっちまったかーーー。

フロントに行ってホテルスタッフを呼んでくる。
「いやぁ、これはあがっちゃってますねぇ」
デスヨネ。
レンタカー会社に電話するも、免責保険外だそうで、自分たちでJAFを呼んでくださいとのこと。
ひえぇぇ、きょうこちゃんが電話するとなんと9000円!!
(T_T)/~~~
やっちゃったねー、雪の心配どころじゃなかったね。

そして、JAFのおじさんが到着。
運転席に座って10秒もしないうちに、エンジンがかかる!!!
\(◎o◎)/!
なにぃー!!!

私は免許を持っていないので、よく分からなかったのですが、
ギアがパーキング入っていなかった(そのままだった?)そうで、i-podは何の問題もありませんでした。
なーんだーーー、よかったねぇー。
ん??何も壊れていなかったけどJAFには着てもらっちゃったし、やっぱりお金は払うのか??!!!

JAFのおじさんも思わず笑っちゃう珍事だったからか、「JAFの保険に入ってくださいね!」
「はーい!!!」
「本当にどうもありがとうございました、お騒がせしてすみませんでした」
陳謝、深謝で、勘弁していただきました。

いやいや、珍道中。
しかし、JAFを待っている間にホテルの方から予定していた定山渓温泉の先にある豊平峡温泉を教えていただき、これがナイスアドバイス!そちらに向かうことにしました。
雪も溶けて、国道230号線を進みます!
オフシーズンの北へ 
実は先週きょうこちゃんと北へ行ってまいりました。
初のでっかいどーです。
目的は海鮮丼とカニ。

雪祭りは終わり、春のラベンダーには程遠いこのオフシーズン。
小樽、閑散。。。
その中を冷たい海風が吹き抜けて、耳がちぎれそう。
2009_0326(008).jpg
手もかじかんで、ブレブレの写真。
寒さ、伝わりますか?

着くなり、カニに目を奪われる。
これで1000円でした。
Image2731.jpg


2009_0326(005).jpg
もちろん、六花亭。
隣の北菓楼の話題のシュークリームなどなど売り切れ
バームクーヘンの試食が美味しくて、行きと帰りに試食いただいて、さらにお買い上げー。
ここの揚げおかきも買って帰ってきましたが、おいしかったー。
シュークリームが無いとなると、食べたくて再び六花亭でいただきました。
二人で六花亭と北菓楼を行ったりきたり、なにしてんだかもー。
試食しすぎで、お腹パンパンだし。

外に出れば耳がちぎれるし、札幌への帰り道では小雪がぱらついて、っていうか山道はさらさらの雪が私たちをめがけて大量に降ってきて、運転があまり得意でないきょうこさん、「いやぁああああー、こわいよぉおおおおー」とハンドルを握り締め、しかし引き返すこともできるわけもなく、「行くしかないよー。」と祈りの助手席は私。
だってきょうこちゃん、レンタカーやさんから道路に出るときに、ウインカーでなくワイパーが動いたっていう走り出しだったんですよ。お約束か?!

しかし、広いなぁ、北海道。
視界をさえぎるものがないんですね。

無事に札幌のホテルに戻り、仕事で来ていたダンナさんと合流して居酒屋さんへ。
安くてうまい。
店員さんは、温かい。
いい土地だあぁ。

夜になると雪がしんしんと降ってきて、明日の温泉は電車で行くことになるのかなー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。