スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cafe rue du commerce Ⅱ 
ご報告が遅くなりましたが、2009年の夏の思い出をみんなで作った、cafe rue du commerce.

今回も楽しかったですー。
ゲストの皆様、お越しくださってどうもありがとうございました。

カメラマンがいなかったので、私たちの手元の写真では全部カバーできておりませんで、
ゲストの皆さん、どしどしお送りくださいませ。

テーマは「海」
そして、ドレスコードは「サマーセクシー」でございました。

今回もダンナさんのパンは3種類。
2pains.jpg
「海」がテーマなので、左側はなんと青海苔のパン。
右はくるみのパンです。
なんで青海苔なの??って思っていましたが、結構いけましたー。
サーモンマリネとの相性もばっちり。
くるみのパン、仕上がりばっちりでした。

そして定番の彼のオリジナルパン、パンリソワーです。
painr.jpg
こちらは、前回のようにブリーチーズを挟んでお出ししました。
パンリソワーはファンが多いですね。

パンの他に、ダンナさんの担当はメインの豚肉の白ワイン煮込みでしたが、こちら残念ながら手元に写真がございませーん。
どなたか送ってください。

私のほうは、前回酷評をいただいたお料理に立ち向かうべく、パリで買ってきた本をあさってフィンガーフードをいくつかアレンジ。
2009_0829_182710.jpg
ブロシェット(串刺しのもの)を3種類と、サーモンマリネ、そして、
omlette.jpg
一口オムレツ。
頑張ったお通しの写真がこれしかないー。
こちらも送信待ってます。。
頑張った割には地味ですけれども、、、はじめの一歩としては「頑張った」とお言葉いただけました。
それだけで嬉しかったです、ありがとうございます。

そして、パティシエとしては、今回「海」をテーマにした夏の自由研究。
じゃーん
akikodesserts.jpg
海に浮かぶ二つの島、ピスタチオムースのシブーストケーキ。
亀仙人もKAME HOUSEもあるんですよ~。
そして夏を意識したグラスデザート右はスイカのヴェリーヌ。
海岸にはサブレを積み上げたキャンプファイヤー、マドレーヌの貝殻、海にはギモーヴのポニュが泳いでいます。
左側のヴェリーヌは、今回すてきなリビングルームをご提供いただいた方が大好きなチョコレートヴェリーヌ、ヴァローナのマンジャリとフランボワーズを合わせたものです。

どうですか、この遊び心満点というか、遊び心だけのデザート展示。
本人が一番エンジョイしてました、すみません。
夏にこんなことしてる大人、いないでしょ。

いやー、小学校の夏休みを思い出した準備期間でした。
suika.jpg
まずはさっぱりとした、スイカのグラスデザートからお召し上がりいただきました。
ゼリーの層は緑と赤で、スイカの色にしたんですよー。
簡単な作りですが、ここに辿り着くまで試作を幾度か。
最初に考えていたレシピは全然ダメで、全とっかえでした。

ピスタチオのシブーストケーキも、暑くて中のピスタチオムースがだれちゃって、冷凍庫に入れながらだましだましドームに仕上げました。
設備が整ったラボが欲しい!

ポニョは定番のギモーヴ、型抜きするとかわいくて、♪ポーニョ、ポニョ、ポニョ♪と思わず口ずさみながら。
ponyo.jpg


マドレーヌはね、いい焼き上がりでした。
madeleines.jpg

こんな風に楽しいお菓子を、これからも作っていきたいなと思いました。


エンタメも、恒例の100円ジャンケン、
2009_0829_022355.jpg
そして夏と言えば流しそうめん!
そうめんを流してしまってはお部屋がびしゃびしゃになってしまうので、
2009_0829_200726.jpg
こーんな風に、これまた私が厚紙で流し台を作り、ピンポン玉やプラスチックでできた魚のおもちゃを上から流して、お箸でキャッチ!
この流し台のショボさにみんな最初は笑うんだけど、もの凄く楽しいゲームです!
もう、いい大人がみんなむきになっちゃって、ねー。
2009_0829_201635.jpg
ファイナリストの4名。
なんでしょうか、みんな誇らしげ!!笑

最後は歌もありました。
2009_0829_210028.jpg
ハッピーに包まれて、聞き入る。
2009_0829_031010(2).jpg
2009_0829_030625.jpg

いやー、楽しかった!!

ゲストのみなさん、お忙しい中お越しいただきまして、本当にどうもありがとうございました!!!!
皆さんと夏の楽しい思い出ができて、嬉しいです。
ぜひまた、来年も。
いえいえ、来年まで待ちきれませんね、また次のイベントで!!!
スポンサーサイト
パティシエなのでー 
今回私の最大の難関は、ヴェリーヌよりもランチプレートの用意だったと思います。
前々からお話していますように、私はお料理が大の苦手なんです

そんな私が、お肉とお魚を用意するなんてーーー。
簡単で、冷めても食べられて、材料費がお手頃で、フランスっぽくなくてはならない。
結構な条件ですよね、これ。

なので、図書館へ行き、近所のスーパー、市場を毎日歩き回って材料の値段をチェックし、頑張りましたーーー。
いわしは店頭に出るときと出ないときがあって、予約ができない。
出ているときもその日によって値段が違う。
見かけても、買うべきか、待つべきか、それはまさにベット(賭け)なのでございました。
いわし買いに慣れない私がしでかしたのは、
aji.jpg
やーった、いわし、見つけたどーーーー
と思ったら、アジ買っちゃったちーん。

おかげで、小アジを30匹近くひらいて冷凍。
翌日今度は間違えずにいわしを買って、20匹ひらく。
魚屋のバイトかと思った

2009_0613(0011).jpg
この下ごしらえ、これもバイトだね。
いわしが山積み。

出来上がったのは、いわしのグラタンです。
sakana.jpg

お肉も、豚肉を1.5キロ!
niku.jpg
この状態で搬入して、最後に現場でキャラメリゼしました。

で、出来上がったのがこのプレートです。
plate.jpg

サービスし始めた時、ゲストの皆さんがしーんとしているので、もの凄く心配になって、
「ちょっと、ゆうちん、お肉食べてみて!」
と小声で確かめてもらう私。
「うん、おいしいよ」
よかった。

ダンナさんのパンとも相性ばっちりでした。
お料理ももっと勉強しないとだめだねぇ。
でもなー、お菓子の方が好きなんだもーん
ヴェリーヌの苦悩 
グラスデザートのことをヴェリーヌといいます。
フランス語のverre:グラスとテリーヌterrineを組み合わせたんだそうです。
私がパリにいるときから、流行り始めていてコルドンの上級クラスにも取り入れられるようになりました。

きれいでワクワクするし、うちのように大きな冷蔵庫や冷凍庫がなくても、グラスに入れればムースやクリームがこぼれないし、移動中に倒れたりすることもないし、私はお気に入りのお菓子です。

何か季節のものをと思ってチェリーを使い、色合いできれいなのとなると、ピスタチオ!
でも、これが決まったらレシピ作りに研究が必要だなぁ。。。

案の定、エクレア、タルトタタンとの三択でダントツ一位でした。
ということで、試作開始。
パーツのレシピは大体決まっていましたが、作ってみると、味が薄かったり、硬かったり、やっぱり調節が必要。
v1.jpg



最初にきょうこちゃんとゆうこちんに試食してもらったのが、コレ。
実は食感が欲しくて、薄いチョコレートを挟みたかったんだけど、すでにこの気候ではチョコレートが固まらず作業がまるでできない。
残念だけど却下。
そしてチェリーを上にのっけるのも、日本人は種を出すのが嫌だ(恥ずかしい)ってことで却下。
チョコレートの上にジェリーが乗ってるから、色もかわいくない。


色合い??
どんな風に組み立てたらきれいなんだろう???
ピスタチオの層に入っているビスキュイを見えるようにする?
v2.jpgんー、何かちがう。。
段が多すぎる???
そんなこと言ったら、可能性なんて何通りよ?!
v6.jpg

やっぱり食感も気になる。
何かパリッとしたような、欲しいんだよなぁ。
v3.jpg
v5.jpg
さくらんぼが自転車みたいになってるか?

これが完成の一歩手前。
もうこれ以上は、アイデア無いですーーー、ってとこ。
イベント4日前。
v4.jpg
かおりんに味見を頼みました。
やっぱり何か食感が欲しいと言うことでした、むむーん、私もそう思うんだよぉ。

こちらが持ち込み前。
v7.jpg
上にのせたゼリーのキューブはもっと小さくする予定だったんだけど、ちょっとモダンな感じで大きくてもいいかな。

さて、この後もまだ100%じゃないんだよな、なんか足りないんだよ。
でももう頭の中アイデア出し切りました、ゼロですー、無理ぃいいいい。
当日は朝4時半からダンナさんがパンを作るから、前日のうちに作業をしないともう出来ない。
だぁぁああー、ダメだ、寝よう。

しかし翌日予定よりも早くオーブンが空いたので、気になっていたデコレーションを作ることに。
湿気が多くて、すぐにしんなりなってしまうチュイル。
これを会場で焼きなおして、サービスするまえにデコしました。
002.jpg
「うわぁあ」
というゲストの皆さんからの声が聞こえて、あ、よかった

皆さんきれいに完食していただきました。
うれしかった。


millestelle☆ミッレステッレ 
今回もビーズデザイナーYukoとのコラボで、スタッフが身に着けていたのは、
millestelle1.jpg
ビーズでできたネクタイです
メチャメチャおしゃれです!

右は私が着けていたもので、実はゆうこちんとお散歩していたときにこんな感じのアクセサリーを見つけて、「ゆうこちん!これ作って!!」とムチャ振り。

左はダンナさんが着けていたもので、すでに私のネクタイの製作に取り掛かっていたゆうこちんに、
「今、家?ミュージックステーション見て!嵐の松潤が着けてるやつ、作って!」
と私がムチャ振り電話を入れて作ってくれたもの。

そもそもこのビーズネクタイを最初に着けたのは、
2008_0904_102415.jpg
結婚式でのうちのダンナさん。
私に負けじと派手にしたのでした。
なもんで、嵐より先に俺は着けていた!らしいのですが、
まま、何といっても私の振りに期待以上に答えてくれるうちの自慢のデザイナーですよ。
millestellelogo.jpg

そんなゆうこちんのアクセサリーブランドは、ミッレステッレ。
イタリア語で幾千もの星という意味です。
そんな風にキラキラと輝くアクセサリーを作りたいそうです。

そして、彼女の作品には、
2009_0618(002).jpg
よーく見てくださいね、星に小さなスワロが。
これがゆうこブランドの印です。

そしてこのネクタイ。
当日オーダー殺到
そうだよ、だってかわいいもん。
ゆうこちんは、好みの色とか聞いてオリジナルを作ってくれるから仕上がりがいつも待ち遠しいんです。

いやー、ゲストの皆さんに「いいね」「いいね」と言われ、私もとっても嬉しかった
今回イチオシでございますよ。

そして私の密かな夢がまた叶った瞬間でもありました。
付き合いの長い友達には話したことがあると思うのですが、私は公民館みたいなカフェを持ちたいと思っているんです。
公民館ていうとなんか昭和な感じですけれど、いろいろな才能や趣味を持った友達とコラボをするお店にしたいんです。
喫茶している横で、ゆうこちんがビーズ教室を開くとか、
ネイリストのMayaが爪にアートしてくれるとか、
やすえさんが英会話のレッスンをしてくれるとか、
まきちんが焼いたお皿を使うとか、
もとこがデザインしたユニフォームを着るとか、
しんじの海外旅行の写真を飾るとか、
ゆいちゃんのレシピでランチを作るとか、、、、、。

急に名前が出た人、びっくりした?!!
ふふふ、密かに私の夢計画に盛り込まれてるんですよー、要注意!

なので、いつも材料代しか払えずにイベントに参加してもらっているゆうこちん。
お手伝いまでしてもらっていて、本当に頭が下がるばっかりなのですが、
こうして彼女のスキルが認めてもらえる場所を提供できたこと、更に作品を販売できたことがとても嬉しいんです。

今回はカメラマンはるよの写真の販売もできました。
一緒にイベントをやっている仲間と成長しているようで、とっても嬉しい。
またそれを支えてくださっているゲストの皆さんには、いつも感謝。
こんなに素敵なことが起こるとは、今年中に骨折でもしなくちゃ採算合わないんじゃないかと心配になりますが、神様見逃してください

おじさんは誰のお皿に?! 
イベント前にブログでご案内しておりましたが、風船を持った小さなおじさんがゲストにハッピーをお届けするという「おじさんを探せ!」企画。

おじさんはちあきのデザートプレートに潜んでいました。
chiaki1.jpg
まだちあきに気づかれていないときの写真。(ちあき撮影)
ojisan.jpg
おじさん、ナイス潜伏

ゲストの皆さんには、
デザートプレートの中におじさんが隠れています。
おじさんに出会えた人は「おじさん、見つけた!!」と大きな声で知らせてください。
と言って、デザートプレートをサービスしました。
最初はみんなグラスデザートの中を探していて、「えー、いないよぉ」、すっかりおじさん探偵。
ゆうこちんが「紅茶のクリームだよ」とささやいたら、
今度はみんなで紅茶のクリームを突き出す。笑
もう、みんな楽しそうでした。

そんな中、あああー、これ?!おじさんー。
ということで、この日のラッキーガールはちあきでした。
chiaki2.jpg
ちあき撮影

そしておじさんからは、はちみつケーキのハーフサイズと、うちの母しづこさんの作品
2009_0617(002).jpg
角砂糖に一つ一つ絵が描かれているんです。
紅茶に入れてかき混ぜずにそーっとじーっと待ていると、絵の部分が浮かんでくるというもの。
私が子供のときに母がよく作っていたので、私にとっては珍しくないものだったんだすけれど初めて見る!ってみんな言ってました。(マイナーなモノだったんだ。)
紅茶の好きなスタッフのきょうこちゃんはとっても気に入ってくれました。
このお砂糖はおじさん企画と、スタッフへのプレゼントでしづこさんが用意してくれたんです。
お母さん、ありがとう。

さて、おじさんは今ちあきのお家に身を寄せているそうです。
ちあきの大切な植木の見張り役として就職が決まったと、報告を受けています。
おじさん、お仕事頑張ってね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。