スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アミューズメントストリート 
20080630100815
デビューしてしまいました、合羽橋。
楽しすぎる〓
うちの母は常連で、昔から合羽橋に来るときは必ずリュックを背負ってきます。私は次回コロコロを引きずって来たいと思います!
パリのMORA(道具屋)と比べても、そんなに高くはないんじゃないかな。パリよりずぅっと近いしね〓
〓Akiko〓TM〓
スポンサーサイト
釜飯→イケ面カフェ 
貧乏暇無し
いつの時代のどなたがおっしゃったのかは存じ上げませんが、
これ、私のことだ、
って今まで何度思ったことでしょうか???図星、ち~ん。

ここのところ、やっとぼちぼちお友達とのお食事、という楽しい会が持てるようになってきたかと思ったら、来週から出張です。一時停止。
出張のお話も大変ありがたいことで、頑張っていこう♪と思っています。
出張模様はまたこのブログでお話しますので、お楽しみに。

話がずれましたが、友達の大切さを、人とのつながりをとても嬉しく、ありがたく痛感している昨今なのです。
最近は老化がとても気になりまして、久しぶりに人と会うときは胃が痛むのですが、そんな胃痛など吹き飛ぶほど、楽しい時間を過ごさせていただいております。(みんな、大好きだよぉ!!)
そして実は忙しさにかまけて、私はこれからのことを十分にしっかりと考えていませんでした。
一つの夢、やりたいことが達成されたとき、もちろんそれまでの努力が報われて充実感いっぱいですが、次のゴールの設定に、宙ぶらりんになったように急に力が抜けてしまうことがあります。
私もパリで目一杯突っ走ってきましたから、ちょっと脳みそ酸欠ぎみでした。
一応パリを出る前に決めていたことがありますが、実際に東京に戻ってきて自分の置かれた状況は帰国前に予想していたものとは違いました。
またまた路線変更、修正の必要がでてきました。
しかし行き先は同じ、カフェオープン、その前にインターネットパティスリーを立ち上げという経由地点もあります。
この飛行機を選んで、目的地にたどり着くのか?遠回り??旅費がかさむ???そもそもこの行き先、大丈夫????
このところこんな疑問に頭を支配されています。(バナナケーキを焼いているときは忘れていますが)
そんな私のぐっちゃぐちゃになった頭の中を、整理整頓、一緒に片付けてくれる。
何よりも、私のことをよく知ってくれていることをとてもありがたく思いました。

そして昨日も楽しくランチをしながら、私の話を聞いて応援してくださった方がいます。
「その代り、おいしくなくちゃダメだよ」
ほっとする、笑顔になる、楽しくなる、元気になる!
そんなお菓子をいつも作っていけるようになろう。
これは応援してくれている皆さんとの約束だと思いました。

勇気が沸いてくる昨日のランチ。
日本に戻ってきたことが嬉しくなる釜飯&焼き鳥を食べて、その後はイケ面カフェでラテ・マキアート!
ブランドの路面店がひしめく銀座にびっくりの私ですが、さらに驚き、セレブな雰囲気のイケ面カフェがありました。
また今度おじゃまして、お写真アップできたらいいなと思います。
今日はうちのイケ面をどうぞ。
pont.jpg


超バナナ 
大阪の彼女は言いました。
「ねぇ、あきこ、バナナだけってないの?」

モンキー組・会員番号1番、生粋のバナナケーキ好き。
パリにいた頃、私のバナナケーキが食べたいという彼女に、パリには日本にケーキを入れて送れるような箱が売ってないから難しいと言ったら、大阪から箱を送ってきた女。
シャネルとディオール、ピンク色と水玉が大好き、腕はピカイチのネイリスト、そうです、Mayaです。

彼女ちょうど先週はベトナムに行っていたため、バナナ記念日に間に合わず。
その話を電話でしたら、バナナだけがいい、と言われたわけです。
うすうすそんな気もしていたのだけれど、チョコレート入れてもおいしいもんねぇ、と気づかぬふりをしていましたが、やっぱり。
banana2.jpg

バナナオンリーでね。しかもバナナ増量。
今日も3本。
banana1.jpg

1本はもちろん大阪へ、もう一本はヤボヨウ、ということは、、、、
1本受付!
banana.jpg

こんな感じで嫁入り準備OK。

先週のバナナ記念日に勇気を持ってご連絡くださった、suzu-san、ぐりさん、まきちん。
温かいメッセージありがとうございました。
今日も梅雨晴れの中、お三方のお陰でオーブンの熱風と戦うことができました!
暑さに負けない、私も熱いぞ!!
気合十分、ポジティヴモード全快、本日も877円(バ・ナ・ナ)+送料(宅急便740えん)=1617円でお待ちしております。
Mayaカスタムオーダー・バナナケーキ、超バナナです。
ご希望の方は、
  • メールの宛先はここをクリック

  • 癌でした 
    月曜日バゲットの抜糸に病院へ行ってきました。
    体重も戻ってきて、とても元気。
    先生も「(元気になったということは)手術してよかった、ってことなんですよ!」とおっしゃってくれました。

    摘出したバゲットの子宮が検査に出されていて、その病理診断書が病院に届いていました。RIMG0412.jpg

    なんだか難しそうな書類ですが。。。
    病理組織診断名:子宮腺癌、uterine adenocardinoma
    所見には、読めない漢字がずらりと。。
    RIMG0411.jpg

    ご興味ある方、読んでみてください。見えるかな。
    子宮腺癌はメスのウサギに最も多く発生する腫瘍だそうです。4歳以上の動物の50-80%に発生。バゲットの癌細胞は筋層へは浸潤が見られなく他への転移の可能性は低いらしいのですが、もちろん経過観察が必要で、来月は転移の確認のため胸のレントゲンを撮ります。
    人間と一緒ですね。
    なんだか今回のバゲットの手術でいろいろと考えさせられました。
    家族が、友達がバゲットのような立場になったら。。。自分が。。
    手術を選ぶだろうか、とか。
    こうして病後の看護とか。
    バゲットは術後2週間、消化を助けるお薬を朝と夜飲んでいました。
    まま、彼女は一人では飲めないので私が与えていたし、キャリーに入れて担いで通院し、一緒に病気と闘っているような感じもして、彼女に教えられてたこともあるようです。

    うさぎはとても飼いやすい動物だと思います。
    吠えることもないし、しつけをして毎日掃除すれば臭いもありません。
    エサ代もそんなにかかりません。
    でも生き物をと一緒に暮らすと言うことには代わりが無く、自分の家に迎えたからには健康に幸せに一緒に過ごしていくことは飼い主さんの義務だと思います。
    私が子供の頃にはウサギを診てくれる動物病院など無く、また今のように飼い主としての情報も乏しくて、原因が分からずに死なせてしまったこともあります。
    その頃に比べると、今は飼い主としてできることがたくさんある。
    普通に考えれば、ペットたちの一生を飼い主が見届けることになるので、一つの人生(動物の一生)を幸せに過ごさせてあげることが飼い主の責任ですね。

    バゲットもぽんちゃんも元気で長生きしてほしいです。
    RIMG0406.jpg

    元気です 
    手術からもうすぐ2週間が経とうとしています。
    baguette.jpg

    すこぶる元気。
    いたづらも止まりませーん。
    月曜日は抜糸です。
    バナナ記念日?! 
    モンキー組の喜ぶ顔が見たいから6月20日はバナナ記念日

    おっと、この世代の方ですか?笑

    パリからの出荷で、モンキー組に絶大なる歓喜の味わいを届けた(言い過ぎ)Cake Bananes Chocolat・バナナチョコケーキ。
    日本でもモンキー組の喜びの声が聞きたくて、始動致しました。
    まだ第一回作品でして、今後改良をしていきたいなと思っているのですが、
    banana.gif

    結構焼いちゃった。(^^ゞ

    1本、877(バ・ナ・ナ)円+送料(宅急便740円)=1617円
    3本あります。
    ご希望の方は下記クリックしてください。
  • メールの宛先はここをクリック

  • クール便ご希望の方はその旨おっしゃってくださいね。
    お待ちしております。
    三越だったんだ! 
    20080619193341
    銀座三丁目にきております。あまりにもびっくりなので、即更新します。まだかまだかと思っていたラデュレの東京進出。銀座三越だったんですね!!
    スパッツではない??!!! 
    帰国1ヶ月ともなりますと、ようやっと日本の皆さんの群れの中に馴染めるような見た目になってきたでしょうか。
    1ヶ月前は、髪の毛はぼさぼさ、服はよれよれ→なんだか浮いている。
    物件訪問も一段落したところで、夫婦で美容院に飛び込みました。
    本当は自由が丘で切ろうと思ったのですが、恥ずかしくて地元にしました。
    日本の皆さんに馴染む髪形にはなったのですが、どうもやっつけカットのようなので近々切りなおしに行きたいんです。
    ぼちぼち洋服も買ってみたりして、群れに入れるようになった安心感を少々味わえるようになっています。
    スイミーであることも好きですが、(知っていますか?お魚スイミーのお話)どうも、日本は人と一緒であることがいい、という観念、世間体、変わりませんよね。

    それにしても、洋服選びは困ります。
    どうして女子たちは同じ格好をしているんでしょうか?だから同じ服しか売っていないの?それとも同じ格好の服しかないから、みんな同じ? 鶏とたまごじゃ。
    あのー、上に短めのワンピースのようなものを着て、タイトなレギンスってやつをはく。
    でもって、レギンスって言うんですってね、あのスパッツ。
    スパッツでしょ?スパッツじゃないの??
    さらに、あの昔黒電話の下に敷いてあったようなレースっていうんですかね、編んであるやつを羽織ってるのね。
    服が欲しいなと思ってお店に入るんだけど、何を買っていいのか分からずに出てきてしまう私たち夫婦。
    おしゃれ夫婦になれる日は来るのか?!!
    パン男のピザ 
    自宅でピザを食べるときは、ダンナさんにお願いしています。
    パン職人の腕が鳴るのか、粉やらイーストやら、生地の状態をあーだーこーだと言いながらこね、発酵具合を覗き込み、生地を伸ばします。
    今日もその後はせっせとトッピングしていました。
    pizza.jpg

    マイタケ、帰国してから初めて食べました。おいしいですね。
    パリでは簡単に手に入っておいしかった生ハム、モッツアレラチーズ、フロマージュラペが高いですねぇ。
    それでも外で食べるよりは手軽です。
    なにより、私が食事の支度をしなくていいのがイチバンいいんです。(^^ゞ
    ダンナさんもなかなか腕を上げてきましたよ。
    私もダンボールに埋もれてばかりではいけませんね、そろそろケーキ焼き始めないとー。
    疾走模様 
    皆様、お待たせしましたーーー!!!
    つーか、私も待ってたぁーーーー!
    帰国1ヶ月にして、やっと自宅にインターネット回線がやってきました。
    もう一ヶ月も経ってしまったんですねぇ。
    でもご承知かとは思いますが、例によって駆け抜けているのです。

    帰国してすぐ翌日から物件周り。
    決まったら、それぞれお役所への書類関係開始。
    引越直前に単発のお仕事をいただき、3日間全力疾走。
    大雨の中引越し。
    ダンナさんのビザ更新手続きの書類と格闘。
    翌週はバゲットの手術。
    そして今週。今日は新しい住所の転入手続きでこれまたお役所の紙関係。
    いやぁ、これで一段落かな。
    でもまだ家具が揃っておらず、ダンボールが積み重なった部屋でミニマムの生活中。
    このまま2年経たないことを祈ります。笑

    まだご連絡、ご会食のお誘いなどが「届いていないぞ!」、とおっしゃる関係者の方々。
    すみません、こんなわけで隙間がありませんでした。
    ぼちぼち予定お伺いメールをさせていただきたいと思っております。
    がーーーーーー!!!
    私は前世で、いったい何をしでかしたのか??!!!???(゚Д゚,,)???
    なぜ、忙しい???
    7月1日から9日まで、とある出張に同行することになりました!!!
    ということで、まだまだ疾走速度が落ちない2008年初夏を迎えようとしております。
    駆け抜けるブログ、3rd Seasonもどうぞごひいきに!!!
    月曜日開通! 
    いい加減つないで欲しいネット回線。1週間から10日で繋がると言われ、何の音沙汰もなく既に1週間経過。どうなってるの?日本のサービス!!
    進捗状況問い合わせると、来週月曜日に繋がる予定なのだそう。もっと早くつなげてほしかったけど、いつつながるか分かるだけでも有り難いことですネ。
    という訳で、ブログのサクサク更新は来週からになりそうです。
    手術成功 
    20080611085439
    バゲットの手術が無事終わり、昨日家に戻ってきました。やはり子宮に大きなしこりがあり、それを摘出。ホルマリン漬けになっているのを見せてもらいましたが、一回り小さい位のこぶし大ほどもあって、びっくり。術後はやっぱり疲れているみたいだけど元気にしています。
    自宅療養が始まりました。二種類の薬と流動食。病院ではいつも大人しくて、おりこうさんなんですよー、って言われていたのに今朝のご飯は断固拒否。たくさん食べて早く元気になってほしいんだけどなぁ。
    バゲット手術 
    今日はバゲットの手術日です。
    今朝のバゲちゃんはとっても元気で、病院に行くよー、と言ってケージの扉を開けたら、すぐに持ち運び用のキャリーバスケットに入りました。
    分かってたのかな??
    朝ののんびりバゲちゃん。
    baguette kesa

    術前の血液検査では問題なかったので、そのまま予定通り手術。
    お昼頃って行ってたから、今頃はもう終わってるのかな。
    夕方にまた病院に行って来ます。
    バゲット、頑張れー♪
    実は一仕事!! 
    まだまだ引越しモード全開!
    今日ADSLの申し込みをしましたが(残念ながら光は諸事情により引けませんでした)、1週間から10日かかるということで、今日も母宅にてメールチェック&ブログ更新させていただいておる次第でございます。
    先ほど2nd Seasonをやや更新しましたので、ご覧下さいね。

    さて、帰国して半月が過ぎようというところですが、まだプライベートで友達と食事したのは一人だけ。
    メールのお返事もままならず、会食もできないでおります。
    それもそのはず、私はやっぱりせわしない星の元に生まれているのです。
    先週末に、実は一仕事してしまいました!!
    引越しする前に、うちのダンナさんよりも早く働いてしまった。(^^♪
    しかも、オドロキでございますよ!!!
    なんとパティシエとしてのお仕事だったのですから!!!!!\(◎o◎)/!

    しかも超特急のお仕事で、木曜日の13hに事務所でお話をいただき、
    金曜日の14hに試作品を持っていき、
    土曜日の17hに撮影、
    という、まぁ、私の事を昔から知っている友達には「あきこにはありがち」なスピードですがね。。
    チョコレートのお菓子、4品です。

    もちろんまだ日本でお菓子を作っていませんで、道具はスーツケースの中、オーブンは引越しのダンボールの向こう側。
    じゃぁできないか、って言ったら、できるでしょ!
    早速製菓材料店に買出しに行ったら、あらまー、本当にバターがない!!
    帰国前に日本のお友達が「日本はバターが無いから、パリで買ってきたほうがいいよ」ってメールをくれていたのですが、まさか店頭の冷蔵庫が空っぽになっているなんて!!
    オイルショックならぬ、バターショックなのですね!!
    途方にくれました。
    私は仕事でどうしても必要なのです!!!大声で叫びたかった。
    ここではバター風のマーガリンを買ったのですが、やはり使いづらくて困っていたら、帰宅した母「ひとっ走り行ってくるわ」と近所のスーパーでラスト2個をゲットしてきてくれました。
    母強し。ありがとー。
    パリだったら何てことも無くできるんだろうけれど、慣れない日本の材料。
    いやいや、勉強になりました。
    2うさぎと、母、ダンナさんが眠る横で1h30まで、翌朝は7hから。
    でもって、日本の台所は作業するのに低い。。
    背中が痛むような、頭がぼーっとするような。
    そんな時は「バゲットの手術費用の足しにするのだ。バゲちゃん、姉さんは頑張っとりますぞ。手術頑張ろうね。」などど言いながら、バゲットのケージを覗き込んでいました。
    貧乏って底力を生みますね。笑

    試作段階のフォンダンショコラです。
    fondan.jpg


    引越し中 
    雨です、台風ですか???
    ちと、さむうぃ。

    引越ししています。
    手術 
    以前に書いた事があるかと思いますが、うちのバゲットちゃんはお腹になんらかの腫瘍を抱えています。
    とても元気で、良く遊ぶし、良く食べるのですが、お腹がぽっこり。
    もう6歳で高齢なので、うちの母はお腹を開く手術をするのは避けたほうがいいのではないかと言っていました。
    私がまだパリにいた今年の春先に2度エコーを撮ったときは、腫瘍の大きさは変わらず3センチくらいのものでした。
    しかし、先週バゲットを病院に連れて行ったら、なんとその腫瘍が倍近くにも肥大していたのです!
    baguette echo

    帰国してから観察していたのですが、お腹が腫れているせいで自分のうんちを食べるのにも苦労しているようなんです。(うさぎは自分のうんちを食べて、腸の機能をよくしているんですよ)
    たくさんごはんを食べるのは、その腫瘍に栄養を持っていかれてしまうためだと動物病院の先生はおっしゃっていました。
    開腹したところで、悪い部分を全てきれいに取り除く事ができるか分からない、元気に戻るかも分からない。
    お腹を切ったりしないで、このままケアしてあげて見守っていくこともできる。
    小さな動物にとって負担の大きな手術、もちろん手術費用もかかります。

    悩みました。
    このまま元気な姿を見守っていこうか。
    しかし2ヶ月で倍にも膨れ上がった腫瘍。今は消化器系の内臓を邪魔している様子がないので、きちんと食事が取れるけれど、これからもっと大きくなったら。。。
    寿命はあと2-3ヶ月かもしれない。
    せっかく帰国して、これからぽんちゃんとも一緒に暮らしていこうと思ってるのに。
    2年間留守番してくれていた分、かわいがりたいなと思っていたのに。
    ペットを飼えば、必ず別れはやってきます。
    辛いですね、毎日一緒だった存在がいなくなってしまうのは。
    でも何よりも、私が耐えられないと思ったのは、この先だんだんと弱っていく姿を見ていくことしかできないという状況。
    「バゲちゃん、手術しよう」

    がりがりに痩せている体は高齢だからだと病院では言われましたが、私は病気のせいなんじゃないかと思っています。
    出産経験のないメスのうさぎに多い、子宮か卵巣の病気ではないかと言われているのですが、手術して腫瘍がきれいに取り出せることを祈って、毎日バゲットと「大丈夫だよー、うまくいくといいねー。たくさん食べて元気になろうねー。」なんて話をしています。
    神様に届いていますように、このメッセージ。
    手術は来週の月曜日です。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。